2007年11月06日

ズワイガニ漁が解禁になりました

冬の日本海の味覚の一つである「ズワイガニ」の漁が解禁になりました。私もカニ好きなので、待ってましたって感じですわーい(嬉しい顔)

近年はエチゼンクラゲに悩まされて、漁獲高が少なくなっていたようですが、初日は大敵も少なくまずまずのようです。

ズワイガニはオスとメスで、大きさがかなり違うので、多くの地域で別の名前で呼ばれています。特にオスは地域ブランド化されているものが多く、「松葉ガニ」「越前ガニ」「間人ガニ」「津居山ガニ」等が有名な所でしょうか。

逆にメスはあまりブランド化されておらず「メガニ」「セイコガニ」「オヤガニ」「コッペガニ」等と呼ばれています。私はオスなら越前ガニ、メスならセイコガニと呼んでいます。

しかし、オスのズワイガニは結構な値段がしますので、あまり食べることができないのが現状ですふらふらメスは安いのですが、小さいので身を出すのが少し面倒なのが辛い所ですねたらーっ(汗)

ちなみにカニの甲羅に黒いつぶつぶが付いているのを見たことがあると思いますが、これはカニビルの卵で、これが付着しているカニは脱皮後の時間が長いことを示しており、身入りが良いと言われているので、カニを買う際の目安にしてみて下さいグッド(上向き矢印)

「捕れたての最高級ズワイガニ」購入は⇒楽天市場

F16t.jpg eote.jpg rescind.jpg

posted by 淘痘エ at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64953333

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。